医院紹介

初診の方へ

かかりつけ医として、かぜ、インフルエンザ、市民検診、人間ドックの異常値の相談など、プライマリケアを行なっています。
また精密な検査が必要となった際も、内視鏡専門医による専門的な検査・治療を行います。
おなかの不調(便秘、腹痛など)や、健康診断で再検査になった方、ピロリ菌の検査をしたい方、逆流性食道炎が心配な方など、内科全般のことはもちろん、消化器内科のことについても、どんなことでもお気軽にご相談ください。

初診時にお持ち頂く物

  • 健康保険証
  • お薬手帳(お持ちの方)
  • 公費受給者証(お持ちの方)
    (老人医療受給者証、乳幼児医療者証など)

初診の流れ

1.受付

受付にて保険証をご提出下さい。
また、お薬手帳・健診結果などの資料をお持ちの方は一緒にお出し下さい。

2.待合室

順番になるまで、問診票を記載いただいた上、お待ちください。問診票は当ページからもダウンロードでき、記載してお持ちいただくこともできます。

緊急性の高い患者様がおられる際などは、順番を変更させて頂く場合がございますので、ご了承下さい。

3.診療

お名前をお呼びしますので診察室にお入り下さい。
不安なことはどんなことでもお気軽にご相談下さい。しっかりとお話を伺い、分かりやすく丁寧に診療致します。

4.会計

診療が終わりましたら、受付でお名前をお呼びしますので待合室でお待ち下さい。領収書を発行させて頂くとともに、当院の診察券をお渡し致しますので、次回からお持ち下さい。
また、処方箋のある方は会計時にお渡ししますので、調剤薬局でお薬をお受け取り下さい。

院長紹介

ご挨拶

2018年5月、Loharu津田沼4階に、さきたに内科・内視鏡クリニックを開院いたしました。かぜ、インフルエンザ、市民検診、人間ドックの異常値の相談など、地域のプライマリケアを行います。
私は東京大学医学部医学科を卒業後、東京大学医学部附属病院、JR東京総合病院、日本赤十字社医療センターで研修を積みました。ピロリ菌による炎症・発がんのメカニズムを研究し、医学博士号を取得しております。生活習慣病の診療・研究で著名な朝日生命成人病研究所で消化器内科部長を務め、生活習慣とがんの関係に着目して診療や論文の執筆を行いました。ニューヨークのコロンビア大学への留学を経て、内視鏡による胃や大腸の病気の早期発見・早期治療のために力を尽くしたいと思うようになり、当クリニックの開院に至りました。
内視鏡専門医として、何千件も胃カメラ、大腸カメラを術者として行っていますが、自分が検査を受けたのは、これまで数回です。内視鏡医にとっても内視鏡検査を受けることは緊張しますし、勇気のいることですから、患者さんにとってはどれほどハードルが高いことか、そのことをいつも忘れないようにしています。当院では、内視鏡を受けられる方の苦痛ができる限り少なくなるテクニックを心掛け、麻酔も工夫して使用します。検査を受ける必要性を理解し、ご納得いただけるように、検査前には「どのような検査を受けていただくのか」について、検査後には「ご自身の検査の結果」について、わかりやすい説明をいたします。
総合内科専門医の資格も取得しており、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症などの慢性疾患、風邪や花粉症などの季節性のある病気についても丁寧に診させていただきますので、お気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 崎谷 康佑

経歴

  • 東京大学理科III類入学
  • 東京大学医学部医学科卒業
  • 東京大学大学院博士課程内科学専攻修了(医学博士)
  • 東京大学医学部附属病院・研修医
  • JR東京総合病院・研修医
  • 日本赤十字社医療センター・消化器内科専修医
  • 朝日生命成人病研究所附属医院・消化器内科部長
  • 米国NYコロンビア大学留学(日本学術振興会特別研究員PD)

 

資格

    • 日本内科学会・内科認定医・総合内科専門医
    • 日本消化器病学会・消化器病専門医
    • 日本消化器内視鏡学会・内視鏡専門医
    • 日本肝臓学会・肝臓専門医
    • 日本ヘリコバクター学会・ピロリ菌感染症認定医
    • 日本がん治療学会・がん治療認定医
    • 日本医師会・認定産業医
    • 難病指定医

実績

  1. Sakitani K, Nishizawa T, Arita M, Yoshida S, Kataoka Y, Ohki D, Yamashita H, Isomura Y, Toyoshima A, Watanabe H, Iizuka T, Saito Y, Fujisaki J, Yahagi N, Koike K, Toyoshima O. Early detection of gastric cancer after Helicobacter pylori eradication due to endoscopic surveillance. Helicobacter. 2018 Jun 20:e12503.
  2. Ihara S, Hirata Y, Hikiba Y, Yamashita A, Tsuboi M, Hata M, Konishi M, Suzuki N, Sakitani K, Kinoshita H, Hayakawa Y, Nakagawa H, Ijichi H, Tateishi K, Koike K. Adhesive interactions between Mononuclear Phagocytes and Intestinal Epithelium Perturb Normal Epithelial Differentiation and Serve as a Therapeutic Target in Inflammatory Bowel Disease. J Crohns Colitis. 2018 Jun 16.
  3. Shibata W, Kinoshita H, Hikiba Y, Sato T, Ishii Y, Sue S, Sugimori M, Suzuki N, Sakitani K, Ijichi H, Mori R, Endo I, Maeda S. Overexpression of HER2 in the pancreas promotes development of intraductal papillary mucinous neoplasms in mice. Sci Rep. 2018 Apr 18;8(1):6150.
  4. Toyoshima O, Nishizawa T, Arita M, Kataoka Y, Sakitani K, Yoshida S, Yamashita H, Hata K, Watanabe H, Suzuki H. Helicobacter pylori infection in subjects negative for high titer serum antibody. World J Gastroenterol. 2018 Apr 7;24(13):1419-1428.
  5. Sakitani K, Suzuki N, Ihara S, Hirata Y, Kawazu S, Iwamoto Y, Koike K. Decline in perception of acid regurgitation symptoms from gastroesophageal reflux disease in diabetes mellitus patients. PLoS One. 2018 Mar 15;13(3):e0194466.
  6. Toyoshima O, Tanikawa C, Yamamoto R, Watanabe H, Yamashita H, Sakitani K, Yoshida S, Kubo M, Matsuo K, Ito H, Koike K, Seto Y, Matsuda K. Decrease in PSCA expression caused by Helicobacter pylori infection may promote progression to severe gastritis. Oncotarget. 2017 Dec 14;9(3):3936-3945.
  7. Sakitani K, Hayakawa Y, Deng H, Ariyama H, Kinoshita H, Konishi M, Ono S, Suzuki N, Ihara S, Niu Z, Kim W, Tanaka T, Liu H, Chen X, Tailor Y, Fox JG, Konieczny SF, Onodera H, Sepulveda AR, Asfaha S, Hirata Y, Worthley DL, Koike K, Wang TC. CXCR4-expressing Mist1(+) progenitors in the gastric antrum contribute to gastric cancer development. Oncotarget. 2017 Nov 10;8(67):111012-111025.
  8. Sakitani K, Enooku K, Kubo H, Tanaka A, Arai H, Kawazu S, Koike K. Clinical characteristics of patients with diabetes mellitus and fatty liver diagnosed by liver/spleen Hounsfield units on CT scan. J Int Med Res. 2017 Jun;45(3):1208-1220.
  9. Nishizawa T, Suzuki H, Sakitani K, Yamashita H, Yoshida S, Hata K, Kanazawa T, Fujiwara N, Kanai T, Yahagi N, Toyoshima O. Family history is an independent risk factor for the progression of gastric atrophy among patients with Helicobacter pylori infection. United European Gastroenterol J. 2017 Feb;5(1):32-36.
  10. Jin G, Sakitani K, Wang H, Jin Y, Dubeykovskiy A, Worthley DL, Tailor Y, Wang TC. The G-protein coupled receptor 56, expressed in colonic stem and cancer cells, binds progastrin to promote proliferation and carcinogenesis. Oncotarget. 2017 Mar 23.
  11. Hayakawa Y1, Sakitani K1, Konishi M, Asfaha S, Niikura R, Tomita H, Renz BW, Tailor Y, Macchini M, Middelhoff M, Jiang Z, Tanaka T, Dubeykovskaya ZA, Kim W, Chen X, Urbanska AM, Nagar K, Westphalen CB, Quante M, Lin CS, Gershon MD, Hara A, Zhao CM, Chen D, Worthley DL, Koike K, Wang TC. Nerve Growth Factor Promotes Gastric Tumorigenesis through Aberrant Cholinergic Signaling. Cancer Cell. 2017 Jan 9;31(1):21-34. 1: co-first author
  12. Hirata Y, Serizawa T, Shichijo S, Suzuki N, Sakitani K, Hayakawa Y, Yamada A, Koike K. Efficacy of triple therapy with esomeprazole, amoxicillin, and sitafloxacin as a third-line Helicobacter pylori eradication regimen. Int J Infect Dis. 2016 Oct;51:66-69.
  13. Ihara S, Hirata Y, Serizawa T, Suzuki N, Sakitani K, Kinoshita H, Hayakawa Y, Nakagawa H, Ijichi H, Tateishi K, Koike K. TGF-β Signaling in Dendritic Cells Governs Colonic Homeostasis by Controlling Epithelial Differentiation and the Luminal Microbiota. J Immunol. 2016 Jun 1;196(11):4603-13.
  14. Serizawa T, Hirata Y, Hayakawa Y, Suzuki N, Sakitani K, Hikiba Y, Ihara S, Kinoshita H, Nakagawa H, Tateishi K, Koike K. Gastric Metaplasia Induced by Helicobacter pylori Is Associated with Enhanced SOX9 Expression via Interleukin-1 Signaling. Infect Immun. 2015 Dec 7;84(2):562-72.
  15. Hayakawa Y, Ariyama H, Stancikova J, Sakitani K, Asfaha S, Renz BW, Dubeykovskaya ZA, Shibata W, Wang H, Westphalen CB, Chen X, Takemoto Y, Kim W, Khurana SS, Tailor Y, Nagar K, Tomita H, Hara A, Sepulveda AR, Setlik W, Gershon MD, Saha S, Ding L, Shen Z, Fox JG, Friedman RA, Konieczny SF, Worthley DL, Korinek V, Wang TC. Mist1 Expressing Gastric Stem Cells Maintain the Normal and Neoplastic Gastric Epithelium and A re Supported by a Perivascular Stem Cell Niche. Cancer Cell. 2015 Dec 14;28(6):800-14.
  16. Sakitani K, Hirata Y, Hikiba Y, Hayakawa Y, Ihara S, Suzuki H, Suzuki N, Serizawa T, Kinoshita H, Sakamoto K, Nakagawa H, Tateishi K, Maeda S, Ikenoue T, Kawazu S, Koike K. Inhibition of autophagy exerts anti-colon cancer effects via apoptosis induced by p53 activation and ER stress. BMC Cancer. 2015 Oct 24;15:795.
  17. Sakitani K, Hirata Y, Suzuki N, Shichijo S, Yanai A, Serizawa T, Sakamoto K, Akanuma M, Maeda S, Yamaji Y, Iwamoto Y, Kawazu S, Koike K. Gastric cancer diagnosed after Helicobacter pylori eradication in diabetes mellitus patients. BMC Gastroenterol. 2015 Oct 21;15:143.
  18. Sugimoto T, Yamaji Y, Sakitani K, Isomura Y, Yoshida S, Yamada A, Hirata Y, Ogura K, Okamoto M, Koike K. Neutrophil infiltration and the distribution of intestinal metaplasia is associated with metachronous gastric cancer following endoscopic submucosal dissection. Can J Gastroenterol Hepatol. 2015 Aug-Sep; 29(6):321-5.
  19. Shichijo S, Hirata Y, Sakitani K, Yamamoto S, Serizawa T, Niikura R, Watabe H, Yoshida S, Yamada A, Yamaji Y, Ushiku T, Fukayama M, Koike K. Distribution of intestinal metaplasia as a predictor of gastric cancer development. J Gastroenterol Hepatol. 2015 Aug; 30(8):1260-4.
  20. Suzuki H, Hirata Y, Suzuki N, Ihara S, Sakitani K, Kobayashi Y, Kinoshita H, Hayakawa Y, Yamada A, Watabe H, Tateishi K, Ikenoue T, Yamaji Y, Koike K. Characterization of a New Small Bowel Adenocarcinoma Cell Line and Screening of Anti-Cancer Drug against Small Bowel Adenocarcinoma. Am J Pathol. 2015 Feb; 185(2):550-562.
  21. Nakagawa H, Hikiba Y, Hirata Y, Font-Burgada J, Sakamoto K, Hayakawa Y, Taniguchi K, Umemura A, Kinoshita H, Sakitani K, Nishikawa Y, Hirano K, Ikenoue T, Ijichi H, Dhar D, Shibata W, Akanuma M, Koike K, Karin M, Maeda S. Loss of liver E-cadherin induces sclerosing cholangitis and promotes carcinogenesis. Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Jan 21; 111(3):1090-1095.
  22. Hayakawa Y, Hirata Y, Kinoshita H, Sakitani K, Nakagawa H, Nakata W, Takahashi R, Sakamoto K, Maeda S, Koike K. Differential Roles of ASK1 and TAK1 in Helicobacter pylori-Induced Cellular Responses. Infect Immun. 2013 Dec; 81(12):4551-4560.
  23. Kinoshita H, Hirata Y, Nakagawa H, Sakamoto K, Hayakawa Y, Takahashi R, NakataW, Sakitani K, Serizawa T, Hikiba Y, Akanuma M, Shibata W, Maeda S, Koike K. Interleukin-6 mediates epithelial-stromal interactions and promotes gastric tumorigenesis. PLoS One. 2013 Apr 12; 8(4):e60914.
  24. Takahashi R, Hirata Y, Sakitani K, Nakata W, Kinoshita H, Hayakawa Y, Nakagawa H, Sakamoto K, Hikiba Y, Ijichi H, Moses HL, Maeda S, Koike K. Therapeutic effect of c-Jun N-terminal kinase inhibition on pancreatic cancer. Cancer Sci. 2013 Mar; 104(3):337-344.
  25. Hayakawa Y, Hirata Y, Sakitani K, Nakagawa H, Nakata W, Kinoshita H, Takahashi R, Takeda K, Ichijo H, Maeda S, Koike K. Apoptosis signal-regulating kinase-1 inhibitor as a potent therapeutic drug for the treatment of gastric cancer. Cancer Sci. 2012 Dec; 103(12):2181-2185.
  26. Sakitani K, Hirata Y, Hayakawa Y, Serizawa T, Nakata W, Takahashi R, Kinoshita H, Sakamoto K, Nakagawa H, Akanuma M, Yoshida H, Maeda S, Koike K. Role of interleukin-32 in Helicobacter pylori-induced gastric inflammation. Infect Immun. 2012 Nov; 80(11):3795-3803.
  27. Sakamoto K, Hikiba Y, Nakagawa H, Hirata Y, Hayakawa Y, Kinoshita H, Nakata W, Sakitani K, Takahashi R, Akanuma M, Kamata H, Maeda S. Promotion of DNA repair by nuclear IKKβ phosphorylation of ATM in response to genotoxic stimuli. Oncogene. 2013 Apr 4; 32(14):1854-1862.
  28. Hirata Y, Ohmae T, Yanai A, Sakitani K, Hayakawa Y, Yoshida S, Sugimoto T, Mitsuno Y, Akanuma M, Yamaji Y, Ogura K, Maeda S, Koike K. Sitafloxacin resistance in Helicobacter pylori isolates and sitafloxacin-based triple therapy as a third-line regimen in Japan. Int J Antimicrob Agents. 2012 Apr; 39(4):352-355.
  29. Sakitani K, Hirata Y, Watabe H, Yamada A, Sugimoto T, Yamaji Y, Yoshida H, Maeda S, Omata M, Koike K. Gastric cancer risk according to the distribution of intestinal metaplasia and neutrophil infiltration. J Gastroenterol Hepatol. 2011 Oct; 26(10):1570-1575.

​診療時間・アクセス

日・祝
9:00~12:00
14:00~18:00

9:00~13:00 休診日:水曜・日曜・祝日

徒歩の方

JR津田沼駅徒歩2分、奏の杜に隣接するLoharu津田沼(ユザワヤビル)4階です。屋上に大きなユザワヤさんの看板、1階にくすりの福太郎、湘南パンケーキがあります。

Step 1

 南口を出てまっすぐ進みます。

Step 2

右手に見えてくる階段を下ります。

Step 3

ユザワヤ様の看板の方へ進みます。

Step 4

松屋不動産様を右手にして直進します。

Step 5

こちらの「Loharu津田沼」の4階に当院がございます。

※B館から入ると、丸善さんの中を通り抜けることになります。B館入口は通り過ぎて、薬の福太郎さん・湘南パンケーキさんのA館入口から入っていただくと来院しやすいです。

電車をご利用の方

JR総武線 津田沼駅をご利用の方

津田沼駅より徒歩2分

津田沼駅までは

西船橋駅より8分

船橋駅より6分

東船橋駅より3分

幕張本郷駅より4分

幕張駅より6分

千葉駅より11分

新京成線 新津田沼駅をご利用の方

新津田沼駅より徒歩8分

新津田沼駅までは

京成津田沼駅より2分

前原駅より2分

薬園台駅より4分

習志野駅より6分

北習志野駅より7分

京成線 津田沼駅をご利用の方

京成津田沼駅より徒歩14分

京成津田沼駅までは

京成谷津駅より2分

京成大久保駅より3分

船橋競馬場駅より4分

実籾駅より6分

八千代台駅より9分

勝田台駅より10分

バスをご利用の方

京成線谷津駅、京成線津田沼駅、京葉線新習志野駅をご利用の方は、 京成バスも便利です

京成バスをご利用の方

<津田沼駅南口バス停より徒歩2分>

・京成線津田沼駅 京成津田沼駅入口バス停からバス6分(袖ヶ浦団地線津41)

・京葉線新習志野駅 新習志野駅バス停からバス16分(秋津香澄団地線津51、津53)

<モリシア津田沼バス停より徒歩2分>

・京成線津田沼駅 京成津田沼駅入口バス停からバス4分(屋敷線津61、津62、津65)

<習志野文化ホールバス停より徒歩2分>

・京成線谷津駅 谷津二丁目バス停からバス5分(谷津線津72)

お車をご利用の方

さきたに内科・内視鏡クリニックが入るLoharu津田沼に駐車場がございます。 (165台、当院からは駐車券の提供はしておりませんが、各店舗にて1,000円以上お買上で2時間無料です)

院内の様子

  • 総合医療モール
  • 入口
  • 受付
  • 待合室
  • 診察室
  • 更衣室

機器紹介

    • 内視鏡

      内視鏡

      鎮静剤を使用した苦しくない胃カメラ、つらくない大腸カメラを行っております。胃や腸を膨らます空気を使わず二酸化炭素を使用したり、拡大効果のある内視鏡を備えるなど、新型の高性能機器で検査いたします。

    • レントゲン

      レントゲン

      腹部レントゲン撮影では、便秘の様子や、腸閉塞の有無などが分かります。胸部レントゲン撮影では、肺炎や肺がんの有無、心臓が大きくなっていないか、胸水がたまっていないか、などが分かります。

    • 超音波診断システム(エコー)

      超音波診断システム(エコー)

      被曝することなく、体内の様子を観察できます。腹部エコー検査では、おなかにゼリーをつけて、肝臓、胆嚢、腎臓、脾臓、膵臓を観察します。頚部エコーでは、頸動脈を見ることによって動脈硬化や血流の評価を行います。甲状腺の腫瘤の検査も可能です。

    • 心電図

      心電図

      心臓を流れる電気を体表面から記録することで、電気の流れに異常が起きていないかを調べる検査です。心房細動や期外収縮などの不整脈や、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の診断に役立てます。

    • 内視鏡洗浄消毒器

      患者様ごとに内視鏡機器を洗浄・消毒し、感染の防止を徹底しています。

    • 超音波洗浄機

      超音波洗浄機

      ブラシでは落ちないような、小さな汚れもこちらで落とします。

よくある質問

    • Q:さきたに内科・内視鏡クリニックはどこにありますか。
    • A:JR津田沼駅南口から徒歩2分の、ロハル津田沼A館の4階にあります。ユザワヤさんの大きな屋上看板があり、一階にくすりの福太郎さん、湘南パンケーキさんのあるビルです。
      アクセスしやすい便利な立地ですので、かぜ、インフルエンザ、胃腸の不調、逆流性食道炎、市民検診、人間ドックの異常値の相談など、予約不要ですのでお気軽にお越しください。

    •  

      Q:土曜日も診療していますか。
    • A:はい、さきたに内科・内視鏡クリニックは土曜日も診療しています。土曜日は9時-13時まで診療しております。土曜日に胃カメラもお受け頂けますので、ご相談ください。

    •  

      Q:胃カメラ、大腸カメラにかかる費用を教えてください。

      A:保険診療では、全国どこでも同じ金額になります。検査内容、自己負担の割合によって違いがあります。

      胃カメラの費用:詳細はこちら
      大腸カメラの費用:詳細はこちら

      Q:血液検査でピロリ菌がいると言われたのですが、どうすればよいですか。
    • A:ピロリ菌がいる方は、ピロリ菌がいない方に比べて、胃がんや胃潰瘍にかかる危険性が高いです。ピロリ菌の除菌治療を行えば、その危険性を下げることができます。すでに胃がんがある場合には、除菌治療では胃がんを治すことはできません。まず、胃カメラを受けていただき、胃がんがあるかないかを含めて確認し、その後で除菌治療を行うようにしましょう。

    •  

      Q:胃のバリウム検査を受けて問題なしでしたが、胸焼けがあります。胃カメラではバリウムでは分からない点も発見できますか。
    • A:バリウムはX線を使った検査ですので、「色」は分かりません。胃カメラでは食道や胃が赤くなっている様子、炎症や早期がんのわずかな色調の変化も見つけられる可能性があります。

    •  

      Q:胃カメラでは、胃・食道・十二指腸を観察すると聞きましたが、のどは見てもらえないのですか。
    • A:当院では胃カメラの際に咽頭もよく見るように心がけています。咽頭に異常を認め、精密検査が必要と判断した場合には耳鼻咽喉科の医師をご紹介いたします。

    •  

      Q:便潜血検査を2回受けて、1回陽性になりました。2回のうち1回なので、大腸カメラは受けなくてよいですか。
    • A:便潜血検査は、大腸がんがあったとしても、ひっかからない(陰性になる)ことがあります。そのため、便潜血検査は2回法で、毎年続けて受けていただくことが重要です。陰性の結果がでたとしても、陽性の結果を打ち消すことにはなりませんので、大腸カメラはぜひ受けていただきたいです。

    •  

      Q:大腸カメラの準備(前処置)はどのようにすればよいですか。
    • A:次の動画をご参照ください。

  •  

    Q:歯みがきでもおえっとなります。胃カメラは無理ですよね。
  • A:鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)は舌を抑えませんので、嘔吐反射がおきにくいです。また口から入れる胃カメラ(経口内視鏡)では、静脈からの鎮静剤を使用して行っております。いずれの方法でも楽に内視鏡を受けていただけますので、ご相談ください。

  •  

    Q:大腸カメラを受けてポリープが見つかった場合、その場でとってもらえますか?
  • A:大腸がんの芽となるタイプのポリープ(大腸腺腫)の発見率が高い内視鏡医の検査を受けた方は死亡率が低いという研究結果があります。当院では大腸ポリープをくまなく探し、なるべくその場でとるように心がけています(出血の危険性が高かったり、サイズが大きい場合など、入院可能な施設での切除が望ましいと判断した場合には、適切な病院をご紹介いたします)。

  •  

    Q:胃カメラと大腸カメラを同じ日に受けることができますか。
  • A:できます。当院では同日の上下部内視鏡(大腸カメラ)検査を行っておりますので、ご相談ください。

  •  

    Q:ピロリ菌の除菌治療を2回受けて2回とも失敗しました。どうすればよいですか。
  • A:院長はヘリコバクター学会の認定医であり、当院では3次除菌治療を行うことができます。ご相談ください。

  •  

    Q:ペニシリンのアレルギーがあります。ピロリ菌の除菌治療はどうすればよいですか。
  • A:当院ではペニシリンアレルギーの方でもお受けいただける抗生剤の組み合わせで除菌治療を行うことができます。ご相談ください。

  •  

    Q:腹部超音波検査では膵臓がんはわかりますか。
  • A:超音波では肝臓、胆嚢、腎臓、脾臓といった臓器が観察できます。超音波は空気にじゃまされますので、胃の中の空気がじゃまをする膵臓は見えにくいことが多いです。膵臓がんがあると「膵管が拡張する」といった所見が見られることもあります。当院では、そういった副所見にも注意して観察をし、必要な場合にはCTなどの精密検査が受けられるよう、ご紹介いたします。

  •  

    Q:内視鏡以外の相談もできますか。
  • A:院長は総合内科専門医の資格を取得しております。また、糖尿病を代表とする成人病の専門施設での勤務経験もあり、糖尿病や高血圧、風邪、インフルエンザなど、幅広く内科疾患について対応させていただきます。

clintal名医を本気で探している人のための検索サイト Dotors File vol.15246崎谷康佑院長さきたに内科・内視鏡クリニック(習志野市/津田沼) 当院のご案内 詳しくはこちら
津田沼 健康診断・人間ドックNAVI 監修 さきたに内科・内視鏡クリニック