逆流性食道炎

逆流性食道炎

胃にピロリ菌が感染して萎縮性胃炎が進行すると、胃酸の分泌が落ちてきます。
逆に、ピロリ菌のいないきれいな胃の方では、胃が元気で、胃酸過多の症状がでることがあります。

最近ではピロリ菌の感染が減っているため、胃酸過多の患者さんが増えています。
胃酸が胃を荒らすと、胃カメラで見ると表層性胃炎と言われる胃炎を認めることがあります。
胃は常に胃酸にさらされていますが、胃の上にある食道はそうではありませんので、過剰な胃酸には胃よりも弱いかもしれません。
胃酸が食道に逆流してくると、逆流性食道炎をきたす方がいらっしゃいます。逆流性食道炎の診断には大きく2つの方法があります。
それは「症状」と「内視鏡での見た目」です。逆流性食道炎の症状は多彩で、「胸やけ」「胃痛」「心窩部痛」「酸逆流症状」「呑酸」「胃もたれ」「げっぷ」「のどの違和感」などがあります。

内視鏡では、逆流性食道炎の程度は、ロサンゼルス分類という方法で現され、A、B、C、Dの順に重くなります。Aより軽い逆流性食道炎はM(minimal のM)と表現することもあります。
逆流性食道炎はこの「症状」と「見た目」が必ずしも一致しないことでも知られています。
「症状」に対しては、胃酸を抑える胃薬がよく効きます。
効かない場合は、心臓・肺・咽頭など食道以外の部分が原因でないかよく調べる必要があります。
では「見た目」に食道炎があるけれど「症状」のない方については、どのような対応をすべきでしょうか。
これについてはまだ医学的に不明な部分もありますが、炎症がバレット食道などの前がん病変を引き起こし、最終的に食道がんに至る可能性を指摘する研究者もいます。
内視鏡での評価、定期的な経過観察が今後重要視される可能性もあると考えています。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎は、さまざまな原因によって起こっています。原因を知ることは治療だけでなく、再発を防ぐための効果的な生活習慣改善にも役立ちます。

下部食道括約筋の機能低下

食道と胃の間には下部食道括約筋があって食べ物を飲み込む時には緩まりますが、通常は食道を閉じていて胃液などの逆流を防いでいます。この仕組みに機能低下が起こると胃液などが逆流を起こしやすくなり、逆流性食道炎を発症します。

蠕動運動低下

口から入った食物は胃や腸に運ばれ、最後は肛門から便として排出されます。食物を運んでいるのは、消化管全体の蠕動運動です。逆流が起こっても通常であればこの蠕動運動ですみやかに解消されますが、蠕動運動が低下していると逆流したものがなかなか胃へ戻らずに、消化管に炎症を起こし逆流性食道炎を発症します。

脂肪分やタンパク質が多い食事や食べ過ぎ

脂肪分が多い食事は下部食道括約筋をゆるめるコレシストキニンという酵素を分泌させ、逆流性食道炎のリスクを上昇させます。また、タンパク質の多い食事は消化に時間がかかるため、逆流が起こる回数が増えてしまいます。さらに、食べ過ぎでは胃全体が過度に伸ばされてしまい、逆流を起こしやすくします。

腹圧がかかることで起こる

胃が圧迫されると逆流が起こりやすくなります。締め付ける衣類やベルト、重いものを持ち上げる、前屈みや猫背、肥満などは腹圧を上げて逆流を起こしやすくします。

加齢による機能低下

加齢によって筋肉が衰えると下部食道括約筋も機能を低下させます。また、蠕動運動も加齢によって低下します。さらに、加齢で唾液の量も減りますので、逆流を起こしやすくなります。

薬の副作用によるもの

消化器疾患ではない病気の薬には、下部食道括約筋をゆるめる副作用を持っているものがたくさんあります。心臓や血圧の薬、そして喘息の薬にもそういった副作用がある薬があります。持病があってお薬を服用されていて逆流性食道炎の症状がではじめたら、服用しているお薬かお薬手帳を持ってご相談にいらしてください。
なお、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療で一時的に逆流性食道炎の症状が現れることがありますが、ほとんどの場合は自然におさまりますので心配ありません。ただし症状がつらいようでしたら遠慮なくご相談ください。

逆流性食道炎の検査と治療方法

検査方法

症状についてくわしくうかがった上で、内視鏡検査を行って確定診断を行います。逆流性食道炎の炎症の状態を直接観察できて、腹部にある胃と胸郭にある食道の間にある部分がゆるんだ食道裂孔ヘルニアの有無も確認できます。バリウム検査では食道がんとの鑑別こそできますが、確定診断のためには別途、内視鏡検査を受ける必要があります。また、まれに胃がんが下部食道括約筋をゆるめている場合もありますので、そうしたことを確認するためには、内視鏡検査が不可欠です。当院では楽に受けていただける胃内視鏡検査を行っておりますので、安心してご相談ください。

胃内視鏡検査について

治療方法

状態や症状に合わせた薬物療法を行って改善していきます。お薬による治療と並行して生活習慣を改善することは、症状緩和と再発防止にも大きく役立ちます。なお、制酸薬と粘膜保護薬は効果持続時間が短いため、他の薬剤と組み合わせることで互いの効果をうまく引き出すことができます。

薬物療法

胃酸の分泌抑制、食道粘膜保護、胃酸中和などの作用を持ったお薬を、状態や症状に合わせて処方します。

PPI

プロトンポンプの働きを抑制して胃酸分泌を抑えます。治療だけでなく、再発防止にも有効な薬剤です。

H2ブロッカー

胃酸の分泌に最も大きな役割を果たすヒスタミンH2受容体への刺激をブロックして症状を改善します。市販薬と違い、医師処方のH2ブロッカーは有効成分の含有量や効果が異なるため、最適な処方が可能になっています。

消化管運動機能改善剤

消化管機能や蠕動運動を改善して消化を助け、食物の胃滞留時間を短縮して逆流を起こしにくくします。

制酸薬

胃酸を中和することで、逆流しても炎症が軽減するようにします。

粘膜保護薬

胃酸から守るバリア機能を持たない食道の粘膜を保護して、炎症を改善に導きます。

再発を防ぐために

逆流性食道炎の症状が軽い場合には、原因に合わせた生活習慣の改善だけで症状がなくなることもよくあります。症状の緩和だけでなく、再発防止にも役立ちますので、できることを積極的に取り入れるようにしてください。

食生活

脂肪やタンパク質を控えめにして食べすぎに注意しましょう。
胃酸分泌を促す食品を控えましょう。
唐辛子などの香辛料、コーヒー・紅茶・緑茶などのカフェイン、強い酸味、甘いもの、消化の悪いものはなるべく控えましょう。

喫煙と飲酒

喫煙や飲酒は逆流性食道炎を悪化させることがわかっています。
禁煙するか本数を減らし、アルコールも控えめに楽しむようにしてください。
またアルコールは食道下部括約筋をゆるめる作用を持っていますので、就寝前の飲酒は行わないようにしてください。

睡眠

横になると逆流を起こしやすいため、食後、2時間以上経過してある程度消化が進んでから就寝するようにします。枕やクッションなどで上半身全体を少しだけ高くすると逆流を起こしにくくできます。

clintal名医を本気で探している人のための検索サイト Dotors File vol.15246崎谷康佑院長さきたに内科・内視鏡クリニック(習志野市/津田沼) 当院のご案内 詳しくはこちら
津田沼 健康診断・人間ドックNAVI 監修 さきたに内科・内視鏡クリニック