当クリニックの胃・大腸内視鏡検査の特徴

当クリニックの内視鏡診療の理念

院長は、内視鏡学会専門医として国内外で実績・経験を豊富に積んでおり、当クリニックでは「無痛」「正確な診断」「安全性」において、世界でもトップレベルの胃カメラ(経鼻・経口)、大腸カメラをご提供しております。
地域のクリニックで、大学病院と同等の内視鏡検査技術と検査機器を備えており、習志野市・船橋市はもちろん、千葉市・市川市・八千代市・浦安市など、千葉県全域からご来院いただいております。
私の医師としての目標は「がんで亡くなる人をゼロにする」ことです。がん死因の多くを占める胃がん・大腸がんは、早期発見・早期治療により「治す」ことのできる時代です。そのためには定期的に内視鏡検査を受けていただくことが大切です。
当クリニックでは、「これなら定期的に検査を受けたい」と思っていただけるよう、検査を受ける患者様の負担と苦痛を最小限にしながら、精度の高い内視鏡検査を提供することで、地域の検診率の向上を目指し、病気の予防・早期発見・早期治療につながるよう、誠実に努めてまいります。

オエッとならない苦しくない胃カメラ

従来の内視鏡検査では、口から胃カメラが入るときに舌の根元を抑えることで、オエっとなる反射が起こります。
この反射を起こさず、苦痛なく楽に精度の高い胃カメラを受けていただくため、当院では患者様一人一人に合わせた方法で検査を行なっております。

1経鼻内視鏡検査(鼻からの胃カメラ)

このような方におすすめ

経口・経鼻内視鏡の断面図

  • できるだけクリニックにいる時間を短くしたい方
  • 点滴・注射をせずに検査を受けたい方
  • 麻酔や鎮静剤を使わずに検査したい方
  • 意識のある状態で検査を行い、検査後の説明をしっかり覚えて帰りたい方
  • 検査後、当日に車や自転車を運転する予定のある方
  • 口からの胃カメラで苦しかった経験がある方

鼻から細い内視鏡を挿入することで、オエっとなる反射が起きにくく、楽に受けていただけます。以前は経口内視鏡に劣るとされた画質についても、当院では最新式の経鼻内視鏡スコープと検査システムを導入しているため、経口と遜色ありません。
経鼻内視鏡では苦しさはありませんので、麻酔・鎮静剤(うとうとする薬)を使わずに検査することもできます。検査終了後に麻酔の効果が切れるまでリカバリールームで休む必要がなく、すぐに結果の説明をお聞きいただいてお帰りになれるのもメリットです。
もちろん経鼻内視鏡検査をリラックスして受けたい方は麻酔や鎮静剤を使用することもできます。

2麻酔による無痛胃カメラ

このような方におすすめ

  • 楽に検査したい方
  • 寝ているうちに検査終了したい方
  • 喉の観察も希望される方
  • 最高精度の内視鏡検査を楽に検査したい方(NBI拡大内視鏡と併用)

「ぼーっとした状態で胃カメラを楽に受けたい」というご希望の方には、「鎮静剤を使用した、口からの胃カメラ」をお勧めしております。
静脈から点滴をして検査を行いますが、「うとうとしているうちに検査が終わった。今までの内視鏡で一番楽だった」とおっしゃっていただけます。
一人一人鎮静剤の効き方が違うので、反応を見ながら安全な量を使用しております。患者様によっては、「完全に眠ってしまうことはなく、検査の様子はわかったが、緊張が取れて楽にうけられました」という方もおられます。
以前に受けた胃カメラがつらかったという方も、ぜひさきたに内科・内視鏡クリニックにご相談ください。

苦痛が少なく安心・安全な大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、検査の前に液体の下剤を内服していただいて腸をからっぽにした上で、スコープが1mほど腸の中に入ってくる検査です。当院では以下のような方法により大腸内視鏡検査の苦痛を軽減し、安全・安心な検査をうけていただけます。

1完全無送気軸保持短縮法

苦痛のない大腸内視鏡検査には何よりも内視鏡医の技術が重要ですが、当院の院長が行なっている挿入法は、空気を入れず、腸を伸ばさずにほぼ直線的に大腸の一番奥まで挿入する洗練された高度な技術です。この技術により、腸が伸びる痛みがなく、安全で負担の少ない検査となります。

2内視鏡検査時の鎮静剤使用

大腸内視鏡検査時に、緊張を取ってリラックスして受けていただくため、ご希望の方に少量の鎮静剤を使用しております。一人一人に合わせて必要最小限の鎮静剤を用い、ご希望に合わせて「ウトウト」もしくは「寝ている」うちに検査が終わることができます。

2最新鋭の内視鏡システム・おなかが張らない炭酸ガス送気

当クリニックでは国内トップシェアオリンパス社の最新鋭の内視鏡システムを採用しており、高精度の検査を短時間に行うことができます。多くのクリニックでは大腸を観察する際に空気をそのまま注入しますが、当院では特別に二酸化炭素(CO2)送気装置を使用し、検査後のおなかの張りがないようにしております。

3徹底した消毒と洗浄による安心・安全な検査

内視鏡スコープや器具は内視鏡学会推奨の洗浄機にて、徹底した洗浄を行い、感染症の予防に努めておりますので、安心して検査をお受けいただけます。

4お忙しい方のための同日の胃・大腸内視鏡検査

当院では、胃と大腸の両方の症状でお困りの方には、同日の胃・大腸内視鏡検査が可能となっております。まず胃カメラを行い、ベッドに寝たまま次に大腸内視鏡検査を行います。通院、外来の回数も減り、トータルの鎮静剤の量も減りますので、ご希望の方はご相談ください。

5日帰り大腸ポリープ切除

大腸がんの芽になるのは、大腸ポリープです。大腸ポリープのうちに、内視鏡手術で摘んでしまうことによって、大腸がんの予防になります。当院では、大腸ポリープの日帰り手術を積極的に行っております。大腸ポリープの切除方法には、鉗子(小さなはさみのような器具)でとるか、スネア(やや大きめの金属の輪っか)でとるか、熱を加えてとるか、熱を加えずにとるか、の組み合わせで、4つの方法があります(鉗子・熱なし:CFP、鉗子・熱あり:HOT、スネア・熱なし:CSP、スネア・熱あり:EMR)。当院ではいずれの方法も施行でき、ポリープの状態に合わせて最適な方法で内視鏡手術を行っております。なお、内視鏡手術を行うと民間の医療保険に加入している方は給付の対象となる場合がありますので、どうぞご確認ください。申請に必要な書類は当院で準備できます。内視鏡での切除が難しい大きなポリープ(大腸がん)や出血の可能性が高いと考えられる場合には、当クリニックと連携している信頼できる入院施設で切除いただけるようご紹介をいたします。

関連ページ