同日・同時に受けられる胃・大腸内視鏡検査

同日・同時に行う胃カメラ・大腸カメラ

当クリニックでは、胃と大腸の両方の症状でお困りの方には、同じ日に一気に胃カメラと大腸カメラを行うことが可能です。
食事制限や、通院・外来の回数、検査前後の待ち時間もトータルで減ることになりますので、時間的・金銭的・身体的なご負担を減らすことができます。大腸内視鏡検査にかかる時間に5〜10分追加するだけで、胃と大腸両方の検査を終えられます。また、大腸カメラで大腸にポリープが見つかった場合、当クリニックではその場で大腸ポリープ切除(日帰り手術)を行いますので、さらに患者さまの負担の軽減が可能です。
お忙しい方や、食事制限などの検査の準備を一度で済ませたい方には最適な方法です。
同日の胃・大腸内視鏡検査をご希望の方はぜひさきたに内科・内視鏡クリニックにご相談ください。

同日・同時に行う胃カメラ・大腸カメラ検査の流れ

検査前日
  • 大腸内視鏡検査のために、まず検査前日の夕食は21時までに済ませていただき、就寝前に、錠剤の下剤を内服していただきます。
検査当日の朝
  • ご来院胃カメラ当日の朝は、食事が取れません。2Lの下剤を飲んでいただき、大腸を空っぽにし、大腸がきれいになったところでご来院いただきます。
  • 水分は検査の直前まで摂取できます。
検査の実施

  • まず5分ほどで胃カメラを行います。
  • 胃カメラが終了してすぐに大腸カメラを行います。結果的に大腸カメラの検査に5-10分プラスするだけで済むことになります。
  • もちろん、うとうとする麻酔(鎮静剤)を使用しての同日胃カメラ・大腸カメラが可能です。
    胃と大腸の検査を連続して行うため、別々に行うよりも麻酔薬の使用量が少なくて済みます。
関連ページ