便潜血陽性だった方の精密検査

便潜血陽性だった方の精密検査・無痛大腸内視鏡検査

当クリニックでは、健康診断や市民検診・人間ドックなどで、「便潜血陽性」で「要精密検査」「2次検査が必要」と判定された方のため、苦痛を抑えた精度の高い大腸内視鏡検査を行なっています。

便潜血検査とは

便潜血検査は、お通じの中に血液が混ざっていないかを判定する検査で、健康診断や大腸がん検診で広く使われているスクリーニング検査です。便潜血検査が陽性の場合には、大腸に出血を伴う病気がある可能性があります。具体的なご病気としては、痔、大腸ポリープ、大腸がん、炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)などです。ただ、大腸がんがあっても便潜血検査で陰性になる(偽陰性)こともあります。

便潜血検査で陽性だった場合

便潜血陽性だった場合に、その原因を正確に診断するためには、大腸内視鏡検査(大腸カメラ、下部消化管内視鏡検査)が最も有用です。

便潜血検査の2回法のうち、1回のみ陽性だったので、大腸カメラは受けなくて大丈夫ですか

実は便潜血検査は、簡単ではありますがその分、正確性は高くない検査です。そのため2回法で毎年継続する必要があるのです。便潜血で陰性の結果が出ても、陽性の結果を打ち消すことにはなりませんので、1回のみ引っかかった方も、精密検査である大腸内視鏡検査が必要です。

痔があるので、便潜血検査陽性はそのせいだと思います。大腸カメラは受けなくて良いですか

痔によって便潜血検査陽性となることもありますが、その奥に大腸ポリープや大腸がんがないかどうかは、大腸内視鏡検査をしてみないとわかりません。痔がある方も、大腸ポリープや大腸がんの早期発見のため、大腸内視鏡検査をぜひお受けください。

大腸カメラに代わる検査方法はありませんか

大腸の検査方法として、大腸内視鏡検査以外に「大腸のカプセル内視鏡」と「CTコロノスコピー」が実用化されてはいます。いずれの方法も、大腸がんやポリープの発見率は大腸カメラに劣り、大腸がんやポリープが疑われる場合に、生検やその場での摘出手術ができないないので、必要時には改めて内視鏡検査を受けなければなりません。そのため、大腸カメラと比べて広く利用されていません。
さきたに内科・内視鏡クリニックの大腸内視鏡検査では、スコープの挿入に伴う苦痛を軽減する工夫を行い、ポリープを発見した場合には日帰り大腸ポリープ手術を同時に行っておりますので、どうぞご相談ください。

楽な大腸内視鏡検査を受けていただけます

当クリニックでは、高精度で短時間に楽に受けられる大腸内視鏡検査を行っています。
内視鏡専門医による高度な技術、最新鋭の内視鏡システム、おなかが張らない炭酸ガス送気などにより、「無痛」「正確な診断」「安全性」において、世界でもトップレベルの大腸カメラを受けていただけます。
軽い麻酔・鎮静剤などを使ってウトウトしている間の検査も行っておりますので、以前に受けた内視鏡検査で苦痛が強かったという方も安心して受けていただけます。

検査で大腸ポリープが見つかれば、治療まで終了

便潜血検査が陽性で、当クリニックで大腸内視鏡検査を行い、大腸ポリープが見つかった場合、20mm程度までの大きさでしたらそのまま内視鏡により切除します。日帰りの手術になり、切除後は少し安静にしていただいた後、そのままご帰宅できますので、時間的・経済的なご負担も軽減できます。
もし、大腸ポリープのサイズが大きいなどのため検査中に切除できない場合は、下記の信頼できる連携病院にしっかりとご紹介いたしますので、ご安心ください。

連携医療機関

上記以外の病院にもご希望があればご紹介できます。