経鼻内視鏡検査(鼻からの胃カメラ)

1経鼻胃内視鏡検査

当院ではご希望によって、経鼻内視鏡検査と経口内視鏡検査、どちらの方法でも検査を受けていただけます。
経鼻内視鏡検査では最先端の極細スコープを使用しますので、ほとんどの方がスムーズに検査を受けられます。以前は経鼻内視鏡検査は画質が劣ると言われていましたが、当クリニックでは最新鋭の内視鏡装置を導入し、従来の経口内視鏡検査とほぼ同等となりました。
元々鼻腔が狭い場合や口からの検査を希望される場合には、経口内視鏡検査をおすすめしています。口からの内視鏡についても、当クリニックでは非常に細い最新のスコープを採用しています。

当クリニックの経鼻内視鏡検査の特徴
  • 熟練した技術で、舌の根元に触れずに嘔吐感なく検査が受けられます
  • スコープは極細で、高水準の技術を正確に伝えるため、不快感を抑えることができます
  • 経口検査より麻酔量が少ないため、お身体への負担が軽減されます
このような方に経鼻内視鏡検査をおすすめします
  • できるだけクリニックにいる時間を短くしたい方
  • 点滴・注射をせずに検査を受けたい方
  • 麻酔や鎮静剤を使わずに検査したい方
  • 意識のある状態で検査を行い、検査後の説明をしっかり覚えて帰りたい方
  • 検査後、当日に車や自転車を運転する予定のある方
  • 口からの胃内視鏡検査で、苦しい思いをした経験がある方
  • 舌の奥に歯ブラシなどが触れると嘔吐反射が起こる方

どちらの検査でも、鎮静剤を用いて寝たまま検査が受けられるので、嘔吐感や痛みが軽減されます。特に、以前に経口内視鏡検査を受けた方が当院で経鼻内視鏡検査を受けると、楽に検査が受けられたことに驚かれます。